· 

MOGさんちのプラグインと公式コラボ系素材を盛って作る企画

エターならないために

 

まだ例の8bit風王道RPGが製作途中で何をやってるんだ!

と言われそうですが…大丈夫です。エターなりません(´・ω・`)

一応進捗はこちら

 

なぜかと言うと、やっぱりTwitterなどの力が大きいです。

直接絡みがなくても、こんなことをやってて呟いてると個人ゲーム制作系の方と繋がりが多くなって、技術的に参考になるとか以前に他の作者さんの進捗を見ると「自分もがんばろう!」ってモチベーションの維持に繋がって少しずつでも作業が進むんですよね。

 

SNSには感謝感謝(´・ω・`)

 

何を作る?(また3Dダンジョンものだよ)

※背景の画像素材は素材屋「みにくる」様より購入
※背景の画像素材は素材屋「みにくる」様より購入

何だと言われると…

ツクールWebにてMV用無料素材としてコラボ系素材が色々と提供されています。

様々な作品のコラボ素材があるので知ってる人は二次創作にも活用できてありがたいのですが、知らない作品だとキャラがいいなーと思ってもうまく活用できません。

 

ですが、中にメイドさんの素材が沢山入ったダウンロード素材がありました。

特に何かの作品というわけではなく、イラストレーター「ヤナギユウ」氏、イラストレーター「空維深夜」氏によるプレミアム素材という枠で提供されているものです。

 

それを使って何かを…と考えていたら、メイド イン 冥土とか最初に浮かんできて…うーん、あまりにひどいなーとなり、M&Mって略せるし、迷路とか迷宮のメイズとメイドの複数形のメイズをかけて「Maze & Maids」にしちゃおうと…

舞台とか

カードワース用シナリオ1作目として公開した「お嬢様はお菓子がお好き♪」で登場したお嬢様。

 

プレイいただいた方はわかるのですが、その子がシナリオの最後で言ったことを思い出してください。

 

お嬢様が成長してからの後日談となります。

なのでサブタイトルが「おてんばお嬢様と古の宝珠」なわけです(´・ω・`)

 

また、舞台は先日の「消えた王様と奈落の宮殿」と同じ世界、同じ地区であの時代より数百年ばかり後としています。

この地図が実際にゲーム内でも使用します、アーレント周辺地図です。

 

海沿いにあり、郊外に廃墟の見える都市がアーレント。

この作品ではひとつの迷宮を攻略するだけでなく、いくつかのロケーションを舞台とします。

もちろん、過去のあの遺跡もちょっと変わった形で登場しますよ(´・ω・`)

 

HUD系はMOGさんのプラグインで手抜きをする

Moghunterさんという海外のツクラーさんがいらっしゃいます。

某ゲーム風のバトルシステムを実装できるプラグインをはじめ、ゲーム画面の見た目を大きく変更することができるプラグインを多数公開されております。

これを使えば簡単に見た目をよく…とバカな考えをおこし盛ることにしました。

 

※実は活用するために結構な作業量が必要なことはここでは黙っておく方が良いに違いない。

 

更に、イマイチ活かしきれてなかったDLCキャラ素材!これを盛れば素敵なことになるに違いない(*´ω`*)

そんなバカなことを考えて骨組みを作り始めたのです。

 

ダンジョンの壁や床のテクスチャは現状、前作のものを流用していますが、もっと解像度が高いものに差し替える予定です。(扉の表現とかどうしようかな…と悩み中)

 

ダンジョン内でのみ、画面上部にパーティメンバーのHPやMPが見えるHUDを盛ることにしました。

デフォルト状態を調整して上部に横並びにしましたが、もう少し配置とデザインそのものを考えてみようと思ってます。

 

前作でも使ったマップ機能を使うとすれば…もう少し考えた方が良さそうです。

 


バトル画面のレイアウトは「アルカナ」を選択。

顔グラフィックは1枚でもいいですが、表情差分を1枚におさめてあげると、行動時や被ダメージ時、等々でキャラクターの表情を変化させるようにも設定できます。

そうすることで視覚的にどのキャラが行動したとか、ダメージを受けたなどが分かりやすくなりますね(´・ω・`)

 

システムなど ざっくり

メイドとあるとおり、今回は冒険者ではなくメイド達が主役です。

あのお嬢様の家に仕える4人のメイドが…お嬢様に振り回されて大冒険!

と、わけわからないことになるんです。

 

つまり、前作の様にキャラクターの職業を選んでパーティ編成のようなことはなく、固定の4人で最初から最後まで進みます。

すると、キャラクターの育成とか攻略とか面白味が減るんじゃないかと思いますが、次のようなシステムになります。

 

・各キャラは全ての魔法、スキルを覚えることができます。

 ただし、魔法は各メイド対応の元から使える属性1つ+装備した魔導書の属性のものだけが使用可能。

 スキルも現在装備中の武具などで使用が制限されます。

 

・レベル制は廃止

 各キャラによって職業のような特性が出ず、プレイヤーの好きなように育成ができるようにレベル概念はなくします。

過去に作りかけてエターなった作品でロマサガシリーズのような戦闘中の行動に応じて能力値が上がっていくものがあるのでそれを応用します。

 ※プラグインに差し替えをするかもです。

 

 

検討中

・HPやMPはアイテム使用で上限値を伸ばすようにするかどうか。(魔界塔士Sa・Ga式)

・スキルや魔法の熟練値システム(使い込まれた技や魔法ほど強くなる)

・戦闘の基本式

・戦闘ボイスの導入など(苦しい

 

こんな感じです。

キャラ固定な分、以前より会話シーンが増えます。

作りたい話の流れなどができているので、枠組みを気分転換に作りつつ、DragonRingsが完成したら次にこちらの制作を進めていきます(´・ω・`)

本当に、コラボ素材とか使って何かから勢いで出てきたものですが、しっかりとした形に作りたいので、ゆっくりと待ってていただけたら幸いです。

 

作りたいものが沢山ありすぎて時間とか体が足らない状態。

とにかく、思いついたらc⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...これが大事(´・ω・`)

Friend Links

*ブログやサイトをお持ちのフレンドさんでリンクOKな方はご連絡ください。

Official Site

Owner

【ハカセ】

オンラインは控えめに数多くの世界を渡りあるくファンタジー好き。

 器用貧乏な職を好み、フレンドからは戦っているのを見たことがないと言われるほどバトルコンテンツには参加していないらしい。

PSO2は休止中。DQ10やDDONを少し。遊んでいる模様。

Twitter


CardWirth関連

groupAsk official fansite
*公式ファンサイト*
Adventure's Guild
*冒険者ギルド*

※当サイト内の「ドラゴンクエスト10」関連コンテンツで利用している画像や楽曲は全て以下の団体・個人に著作権が存在いたします。

© 2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

© SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO